ニキビケア方法

ニキビケア方法には様々なものがあります。にきびに直接アプローチするクリームやニキビの原因となる毛穴の汚れを除去するスクラブ入りの洗顔料などもあります。それぞれの基礎化粧品の効果は個人差があるかと思いますが、共通して言えることは、肌を優しくいたわりながらケアし、肌の水分と油分のバランスを整えることだと思います。まず、毛穴の汚れを落とす為に肌をごしごしこするのは間違っています。激しくこすることによって肌表面の細胞が傷つき、それを補おうと皮脂の過剰分泌が起こり、悪循環となってしまいます。特にスクラブ入りのものですとさらに事態が悪化するので絶対にやめましょう。美容家の話ですと、スポンジやネットを使ってキメ細やかな泡を作り、指は一切肌に触れずその泡で毛穴を洗う感覚が良いと言っていました。スキンケアの面では保湿もとても大事です。にきびができるのは肌が弱っていることも考えられるのでオーガニック原料などの低刺激のものが良いでしょう。特にカモミールやヘチマ、アロエといった植物は、炎症や傷を治す効果があるのでおすすめです。さらに、低刺激のプレ化粧水を使って水分の浸透力をあげたり、収れん作用のあるスキンケアコスメを使って毛穴の開きをおさえるのも効果的でしょう。様々なニキビケア方法を試し、自分にあったものをみつけられると良いですね.プロアクティブの体験談を紹介します。

 

This entry was posted on 2013年8月13日.

効果的なにきびケア

効果的なにきびケアは人それぞれ異なり、同じケアでも個人差はあるかもしれませんが生活習慣や食生活を正すことは、良い影響しかないと思います。にきびは肌表面にできるものですから、単にメイクや乾燥などによる皮膚トラブルと思う方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、身体の内側からケアすることで、効果的ににきびのない美しい肌へと導いてくれるのです。まず、生活習慣の面から言うと、食事を摂る時間帯が重要です。人体には消化、吸収、排泄にある一定のサイクルがあるのです。12時から20時頃は消化、20時から4時頃が吸収、4時から12時頃が排泄の時間帯にあたるそうです。なので、夕飯はできるだけ20時までに済ませられると良いでしょう。この消化サイクルがずれたり、不規則になってしまうと便秘などにも影響があるかもしれません。便秘になると身体に不要な排泄物を体内に溜めてしまうわけですから、肌トラブルにも影響しかねません。気をつけたいものですね。また、適度な運動も必要です。有酸素運動をして汗をかき、身体の中に溜まった毒素を排出しましょう。また、運動をして汗をかくことは、リフレッシュ機能もあり精神面でも良い影響があります。ストレスによってにきびができることもあるので、ストレス発散方法にも良いですね。効果的なニキビケアを意識して、トラブル知らずのきれいな肌を保ちたいですね。

This entry was posted on 2013年8月13日.

夏のニキビケア

湿度も気温も上がる夏は、毛穴が開いて皮脂やファンデーションをためやくなりますよね。夏のニキビケアは主に毛穴対策が有効ではないかと私は思います。そもそもにきびは毛穴などに溜まった汚れを好むアクネ菌が原因となります。アクネ菌の繁殖を増やさないためには、まず、毛穴をきれいに洗浄することが大事ですね。メイクをした後は必ずクレンジングをするのはもちろんのことで、疲れてしまったのでつい眠ってしまい翌朝に洗クレンジングをするなんていう話は論外です。クレンジング剤はクリーム、ゲル、オイルなどありますが、自分に合ったタイプのものを探し、あまり肌をゴシゴシこすらずに優しく丁寧に洗うと、肌の表面や毛穴を傷めず良いそうです。また、洗顔も毛穴の汚れを落とす大事な役目を果たします。洗顔料をふっくらとキメの細かい泡にして、指先が肌につかないように泡で洗うのが汚れを落とす秘訣のようです。そして、洗顔した後は、十分に保湿をしましょう。夏だから保湿剤で肌がべたつくのが少し気になりますが、明日の肌のためだと思って頑張りましょう。夏は毛穴が開きがちなので、収れん作用のある化粧水も良いですね。また、最近ではさっぱりタイプの化粧水も多く販売されているので、軽めのテクスチャーのものなどを上手に使って、クーラーや日焼けによる乾燥から肌をしっかりと守りたいものですね。夏のニキビケアをしてトラブル知らずの肌作りをしましょう。

 

This entry was posted on 2013年8月13日.

にきびのお手入れ

にきびのお手入れ方法はたくさんあるかと思いますが、私が知っているものをいくつかご紹介したいと思います。まず、にきびは皮脂の過剰分泌や毛穴の汚れを好むアクネ菌によって引き起こされます。このアクネ菌への抵抗力をつけることがにきびをできにくくし、またできてしまったにきびを早く治すのに良いのではないでしょうか。規則正しい生活習慣や栄養バランスのとれた食事を心がけることが、美しい肌を保つためにも良いとされています。特に睡眠は大事です。22時~翌日2時までは美容のために素晴らしい役割をする成長ホルモンの分泌が著しく、美容のゴールデンタイムとされています。現代人は22時に就寝することはなかなか難しいかもしれませんが、いつもより1時間でも早く眠ることを心がけ、早寝早起きができると良いですね。そして、食事面では野菜や果物に多く含まれるビタミン群を多く摂取すると良いでしょう。野菜や果物が苦手な方は、サプリメントなどで補っても良いですね。また、逆に糖分の過剰摂取はよくありません。糖分によって細胞機能の働きが鈍くなってしまい、アクネ菌に対する抵抗力が弱くなってしまうのです。外側からのアプローチとしては、収れん作用のある化粧水や美容液を使い、入浴時に広がってしまった毛穴を引き締めたり、パックを用いて保湿ケアをしたりすると良いでしょう。にきびのお手入れをして、アクネ菌に負けない美しい肌を目指しましょう。

This entry was posted on 2013年8月13日.

にきび対策

私のにきび対策は、とにかく栄養バランスのとれた食事を摂ることです。もちろん、洗顔や基礎化粧品を使ってスキンケアをすることも大事なのですが、やはり、身体の内側からきれいになった方が効果的なのではないかと考えました。まず、大好きな揚げ物や甘味物を控え、野菜や果物中心の食事を心がけています。揚げ物は皮脂の過剰分泌を促し、甘味物は細胞の働きを弱めてしまい、にきびの原因となるアクネ菌への抵抗力が下がってしまいます。しかし、野菜や果物に多く含まれるビタミンA、B、Cは美しい肌へと導いてくれます。ビタミンAは皮膚の角質を柔らかくし、毛穴の汚れを落ちやすくします。ビタミンBは皮脂の過剰分泌を抑えてくれる機能があります。ビタミンCは紫外線による乾燥から肌をバリアし、メラニン生成を抑えてくれる効果があるのです。しかし、野菜は加熱するとビタミンが破壊されてしまうので、火を通さない生の状態で食べなければなりません。しかし、生野菜の調理方法を考えるとサラダや漬物、他にもあるかもしれませんがどうしてもメニューが乏しくなってしまいますよね。食べ飽きてしまうので、私は時々スムージーにして飲んでいます。アクの強い野菜でも甘い果物と一緒にミキサーにかけてしまえば、とても美味しくなるのです。このにきび対策は健康にも良いので、興味がある方は是非試してみてくださいね。

This entry was posted on 2013年8月13日.

にきびに効く食生活

にきびに効く食生活を心がけ、にきびができにくい肌づくりをしていきましょう。まず、にきびをつくらないためにはどのような栄養分が必要なのでしょうか。それは、野菜やフルーツに多く含まれるビタミン群です。ビタミンAは、肌の角質を柔らかくして汚れが溜まるのを防ぐ効果があります。また、ビタミンBは皮脂の過剰分泌を抑える働きがあります。そして、ビタミンCはメラニン生成抑制力があり、日焼けによる乾燥から肌をバリアしてくれます。最近では、野菜やフルーツを少々の氷と一緒にミキサーにかけて、スムージーにして摂取するのが流行っていますね。これなら、調理方法を色々考えずに手早く食すことができるので、手始めに試してみても良いですね。では逆に、にきびをつくりやすくしてしまう食べ物はなんでしょうか。それは、インスタント食品やスナック菓子です。これらは、過酸化脂質を多く含み、皮脂の過剰分泌を促してしまいます。また、糖分の過剰摂取にも気をつけた方が良いです。糖分は細胞の働きを鈍らせてしまい、にきびの原因となるアクネ菌への抵抗力を弱まらせてしまいます。手軽で美味しいので、ついジャンクフードや甘味物に手が伸びてしまいますが、おやつや夜の食後のデザート程度に控えておいたほうが良さそうですね。にきびに効く食生活を実践して、トラブルのない美しい肌を目指していきましょう。

This entry was posted on 2013年8月13日.

気になるにきび跡

気になるにきび跡をいかに早く目立たなくするかは、規則正しい生活習慣やバランスのとれた食生活を心がけることにかかっていると思います。(にきび跡を消す化粧水)特に早寝早起きをするように生活習慣を見直しましょう。早起きは三文のとくとは言いますが、早寝をすることによって良いこともあるのです。夜10時から2時までの4時間は美容のゴールデンタイムと呼ばれ、肌のターンオーバーに不可欠な成長ホルモンが分泌されるのです。そして、睡眠アイテムで気をつけたいのが枕カバーです。長時間、肌が密着するので常に清潔を保ちたいですね。また、敏感肌の方は枕カバーを洗う洗濯洗剤にも気をつけた方が良さそうです。香りが良いからと刺激が強いものを使うと肌に負担がかかってしまうので、天然成分のものや無香料、無着色などの低刺激のものを使用することをおすすめします。また、食事も大事ですね。化粧水などのスキンケアコスメでケアすることももちろん大事ですが、身体の内側からアプローチした方がより効果的といわれています。特に、ビタミンAやビタミンCを多く含む野菜やフルーツが良いでしょう。しかし、野菜は調理方法を気をつけなければなりません。加熱するとビタミンCの栄養分を十分にとれなくなってしまうので、漬物やサラダなどにして食したほうが良さそうです。気になるにきび跡撲滅を目指し、健康的な生活を心がけましょうね。

This entry was posted on 2013年8月13日.

大人にきび

大人にきびができる原因はメイク、ストレス、生活習慣や食生活の乱れ、肌の乾燥などがあげられます。これらの全てをケアし整えていくのは難しいかもしれませんが、意識することが大切です。まず、メイクは毛穴に汚れを詰まらせてしまうので、毎日必ずメイクオフをすることが大事です。この時注意したいことが、丁寧にクレンジングや洗顔をするということです。一日の終わりで疲れているので、素早く終わらせたい気持ちもわかりますが、手荒く洗って熱湯で汚れを落とすのでは、逆効果となってしまうことがあります。メイクはしっかりと洗わないと落ちませんが、強くこすってしまったり熱湯を浴びると細胞を壊してしまい肌を傷めてしまいます。そして、乾燥を進行させてしまう要因ともなりますので気をつけましょう。なので、よく洗顔料を泡立ててキメ細やかなものにし、手先ではなく泡で洗う感覚でゆっくりと丁寧に洗い、毛穴の奥の汚れまで洗いましょう。そしてぬるま湯か水で洗い流すと良いでしょう。仕事をする上でストレスを感じてしまうことは仕方がありませんね。では、いかにストレスを発散させるかということが重要となってきます。同僚とたまにははめをはずして遊んだり、没頭できる趣味があると良いですね。生活習慣や食生活は意識的に改善をし、大人にきびができにくい肌作りに努めたいものですね。

This entry was posted on 2013年8月13日.

にきびのメカニズム

にきびのメカニズムには、多かれ少なかれ心身の変化が影響を及ぼしていると思われます。また、にきびができてしまう年齢として、中学生前後の第二次成長期と社会人になってからと大きく2つにわけることができ、それぞれのにきびができてしまう原因は異なります。まず、第二次成長期にできるにきびの原因は性腺刺激ホルモンによって皮脂分泌が過剰となってしまうことがあげられるでしょう。また、テスト勉強などで夜更かしをしたり、成長期ですのですぐに小腹減ってしまい、ついジャンクフードに手が伸びてしまうなんていう経験がある方も多いでしょう。私もそのうちの一人です。この様な若いゆえに生活習慣や食生活が乱れてしまうことも原因の一つとなってにきびができやすくなるのでしょうね。また、大人になってからでる大人にきびは少々厄介です。原因は生活習慣や食生活の乱れ、ストレス、化粧などがあげられます。大人になればお酒の付き合いがあり夜更かしも増えるので生活習慣や食生活が乱れやすくなってしまいますね。また、仕事上のストレスによってホルモンバランスが崩れてしまい、にきびができやすくなってしまうことがあります。そして、何が厄介かというと治るのに時間がかかるということです。歳を重ねるにつれ肌のターンオーバーは遅くなってしまうのでケアに気をつけなければなりません。それぞれのにきびのメカニズムを理解し、自分に合ったケアをみつけられると良いですね。

This entry was posted on 2013年8月13日.

にきびの悩み

私は、中学生から高校生くらいの時ににきびの悩みがありました。でも、十数年前のことなのでインターネットも普及しておらず、調べ方もわからずあまり知識もありませんでした。テレビCMでにきび用洗顔料としてよく出ていたクレアラシルを常用していた程度でした。肌が脂っぽくべたつくのが嫌で、強くこすって洗いまくっていたことを覚えています。また、毛穴汚れパックが発売されてからは、一週間に一度のパックタイムが楽しみで仕方がありませんでした。パックに付着した毛穴の汚れをみるのがなんとも爽快な気分にさせてくれ、やみつきになっていました。しかし、今大人になってにきびや毛穴汚れに関して様々な知識を得ると、この若かりし日々のニキビケアがいかに間違っていたかを知ることになりとても残念に思っています。洗顔料を使って肌をゴシゴシこすれば、肌表面の乾燥が進行し、それを補おうと余分な皮脂がでてしまい、脂っぽいのが嫌で肌をゴシゴシ洗うという悪循環となってしまっていたし、毛穴パックは毛穴を広げてしまう恐れもあるので、むやみやたらに使ってはいけなかったのでした。当時のケアがもう少しマシなものであれば、現在の私の肌は、東北肌とはいわないまでも、もう少しキメの整った肌だったのではないかと後悔すらしてしまいます。何事もほどほどが良いですね。周りににきびの悩みを抱えている方がいたら是非この話をしてあげてくださいね。

This entry was posted on 2013年8月13日.